改正動物愛護法「多頭飼育やペットの虐待など防げる!?どのように変わったの?」

2020年6月1日に改正動物愛護法が施行されました。何とか動物の虐待や放棄など減って動物

たちが幸せな生活が送ることを切に願います。

何といっても家族の一員ですから!

今回は改正動物愛護法について調査します。

犬猫

動物愛護法とは

動物の愛護及び管理に関する法律は、動物の虐待等の防止について定めた法律である。

どのように変わったの?

いままでは、不適切なペットの飼育で、周りの人の生活環境が損なわれた場合

や、虐待のおそれがある場合は、都道府県知事などにより勧告命令でした

まねき猫ホスピタル院長より引用

それが・・
さらに、指導・助言、立入検査 などもできるようになりました。
まねき猫ホスピタル院長より引用
という事はより踏み込んだ事ができるようになったという事ですね。

「多数飼育崩壊」などは?

多頭飼育崩壊とは、ペットの動物を多数飼育した飼い主が、無秩序な飼い方に

よる異常繁殖の末、飼育不可能となる現象

ウィキペディアより引用

たまにニュースで報道されたり、「猫屋敷があるよ」など各地域でそのようなうわさ話や
現実に存在したり見たり聞いたりしますよね 😥
改正後は・・・
「多数飼育崩壊」なども立入検査ができるようになりました。
まねき猫ホスピタル院長より引用
・・という事は改正前は立ち入り検査ができなかったという事なんですね。
改正後は積極的に立ち入り検査を行っていただき、適切な指導や助言などを行っていただき、
「動物たちの健康や命を守ることができたら」と期待したいです。

罰則は?

ペットを殺傷した場合の罰則の上限が、懲役5年または罰金500万円

以前は?

改正前は懲役2年または罰金200万円

虐待や遺棄をした場合の罰則が、懲役1年または罰金100万円

以前は?

改正前は罰金100万円

今回の改正動物愛護法ではかなり罰則が強化されていますね。

これで、少しは虐待などが減ってくれるといいのですが 😥

そもそも一人の人がペットを飼育・管理できるのはおそらく数匹といったところだと思われます。

今回の改正によってペットホルダーと呼ばれている方々に対しても指導や助言・立ち入り検査

などが行えるという事で動物が安心・安全に暮らしていけるようになれれば非常にうれしい事

ですね! 期待します! 😮

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする